HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>未分類

始まりの嘘

傷付けた。僕が。
あの子を。

いつかはこうなるって、わかってた。
嫌われ者で最低な奴だってことくらい、わかっている。

嘘は苦手だ。
本気で吐く嘘は苦手。
下手くそ。

だから、余計誰かを傷付ける。
醜い人間です。

ごめんな。僕は。
皆に平等に優しく出来るような。
守ってあげれるような、人間じゃないんだ。
ううん。誰も守れない。
自惚れなのはわかってる。

あの子には、相談出来る人いるのかな。
独りで抱え込むのかな。
あの子の目には、僕も他の人間と同じように。
残酷で信用出来ない人間に映ってるのかな。
そう考えると、悲しくて苦しくなる。

前ほど後悔もしなくなってる僕に、嫌気が差す。
薬のせいだろうか。
通院してるせいだろうか。
そんなことばかり考える。

リーダーでいる資格、あんのかな。
リーダーって1番信用出来る人じゃないと
駄目なんじゃないかな。
僕なんかで。
いつかの出来事にも重なる気がする。

機会があれば、謝ろう。
なんて言えば許してもらえるか、わからないけど。
今度のスタジオが少し気まずくて怖いけど。
1番悲しいのはあの子。
1番苦しいのはあの子。

僕とは比べ物にならない。
ちゃんと、罰は受けた。
自分から。

これで許してもらえるなんて思ってないけど。
せめてもの、罪の償いなの。
ごめんね。傷付けて。
ほんと小さな嘘だったけど。
君にはきっと、大きかったんでしょう。

ごめんね。
弱い僕で。




迷惑かけて、ごめんなさい。
話聴いてくれて有難う。
僕にはちゃんと、伝わっています。

僕なんか、いないほうがいいって思う。
けど、いなくちゃ嫌だって言ってくれたから。

それだけでよかった。

スポンサーサイト

この記事のトラックバック URL

http://maito6420.blog.fc2.com/tb.php/194-7d72bc8e

コメント:

コメント:する

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins [DW99 : aqua_3cpl Customized Version]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。